プロダクトの設計思想を訴求する、余白に溢れたブランドムービー。

A brand movie full of margins that appeals
to the design concept.

Let’ note | Panasonic

MOVIE

パナソニック株式会社のモバイルノートパソコン「Let’s note(レッツノート)」のリブランディングの一貫として、ブランドムービーの制作を手がけました。

レッツノートの設計思想である「Value Creating Design 価値を生むデザインであること。 」を訴求するため、ビジネスシーンの中で、「本当の価値とは何か?」という問いを投げかける演出にしています。

あえて人物を出さないことで、多くの人が感情移入しやすくなるような“余白”をつくりました。また、 レッツノート本体の外装の特徴的なフォルムと上質な質感を最大限に見せるカメラワークにもこだわりました。

[ブランドサイト]https://ec-club.panasonic.jp/pc/brand/

Let’ note | Panasonic LOGO DESIGN

  • ART DIRECTION
  • MOVIE DIRECTION
  • CREATIVE DIRECTION
  • COPY WRITING

Art Director: Seitaro Yamazaki/ Copy Writer: Tsuyoshi Harada/ Director: Asuka Kobayashi/ Designer: Hiroyuki Aketa/ Agency: ADEX/ Producer: Shinji Shigemune ( ADEX ), Aikoh Iwata ( ADEX )/ Creative Director: Kenji Kinoshita ( ADEX )/ Planner: Hiroyuki Ishii ( ADEX ), Kenji Kinoshita ( ADEX ), Toma Seki ( ADEX )/ Copy Writer: Kenji Kinoshita ( ADEX )/ Movie Producer: Megumu Sato ( TYO )/ Movie Director: Kenta Takasaki ( TYO )/ Production: TYO TECHNICAL RANCH/