loading

陰影礼賛 In Praise of Shadows

ARTWORK

Outline

グラフィックインスタレーション「陰翳礼讃」は、タイポグラフィにおける実験表現の可能性と日本のミニマルな美意識を体現する自主プロジェクトで、その中の一つをインスタレーションという形で昇華したアート作品です。

平面的な表現に端を発しながらも、最終的な表現手段を空間やプロダクトにまで拡張し、常に手段にニュートラルな立場でいることで、平面表現における偶然性を内包した表現を心がけました。

繊細な和紙を切り抜いて作られたポスターで、その背面に存在する光の透過によってのみ、その文字のプロポーションが浮きあがるインスタレーションとして、印刷という文字の定着剤を一切使用せず、素材と光の移ろいを通じて、空間の中に溶けるように存在する文字たち。

空間のもつ仄暗さは、刹那的な文字の境界線をより曖昧にし、より魅力的に溶けていく文字の物語を浮かび上がらせています。

また、コンセプトを体現する音楽と香りによって五感で体感することができるインスタレーションになっています。

The graphic installation “In Praise of Shadows” is a project created by art director Seitaro Yamazaki and designer Seita Kobayashi. The two created an installation that embodies the possibility of experimental expression using typography in combination with the Japanese minimalistic sense of beauty. This installation is an exalted form of this combination. Graphic expression as the starting point, the duo expands their concept to spatial and product design, staying open to the unexpectedness of their evolving two-dimensional creation.

The installation “In the praise of Shadows” is a poster consisting of cut out shapes of a delicate washi paper. Only when the poster is lit from behind, the shapes of the letters will appear. Without the fixating means of printing, these cut out letters float and are able to move half melted in the air. The dimness of the space makes the outlines of the fleeting letters even obscurer, letting the story of these alluring letters emerge.

Credit & Charge

OPEN

Detail

山﨑晴太郎

_

seitaro yamazaki