-WHAT WE DO

branding program

「ブランディング」とは、単に企業やサービスの表層のデザインを変えることではありません。私たちは、デザインの表層のみをコントロールするようなブランディングではなく、MI(マインドアイデンティティ)と呼ばれるブランドの骨子を通し直すことで、デザインが適切に機能する土壌を作るところからプロジェクトを始めています。

合併などに伴う新会社の発足や、複数ブランドをもつ企業ブランドの再構成、メーカーの新規事業の企画開発など、点としてのデザインパートナーではなく、企業の本質的な目的と経営課題に寄り添い、定期的な対話とレビューを大切にしながら、多様なクライアントの中長期的なブランディングパートナーとしての役割を担っています。

MIND IDENTITY
マインド・アイデンティティは、本質的価値のアイデンティティを表します。経営理念やビジョン、行動指針、タグラインなどに帰結し、内外へ発信されていきます。企業が目指すべき理想や、社会的存在意義といった本質的存在価値を体現する、全てのコミュニケーションの骨子となる価値観です。

BEHAVIOR IDENTITY
ビヘイビア・アイデンティティは、行動・行為のアイデンティティを表します。ブランドの価値を支える、顧客への対応や振る舞いにおける「らしさ」を指し示します。MIに基づいた行動・行為を、時に人事考課との連携を図りながら行動指針等の形で策定していきます。

VISUAL IDENTITY
ビジュアル・アイデンティティは、視覚的アイデンティティを表し、視覚的な印象とその展開を統一する活動です。企業が伝えたいブランドイメージを効果的に表現することが求められ、ブランドの構築における中心的役割を担います。本質をしっかり押さえられたVIは、社内の人間を活性化させ、マインドやビヘイビアを変える力を持っています。

私たちは、今までデザインの力で、様々な企業のブランド構築、事業戦略、商品・サービス開発をお手伝いしてきました。

そのノウハウと実績を生かし、デザインを企業の経営戦略の中心に捉え、デザインの力でブランド力を向上しようとする企業をサポートします。ブランディングとは、経営者の思い、サービス、技術、情報など、かたちがないものを言語化・可視化し、企業と顧客のすべての接点において、一貫したメッセージとビジュアルで発信することで、顧客に企 業の本質的な価値を伝え、他の企業では代替できないと認識させることだと考えています。

セイタロウデザインは経営視点でブランディングのゴールを設定し、企業の本質的な価値の言語化と可視化を通して、デザインによる競争力の強化を実現します。

N゚01. BRAND AUDIT ブランドオーディット

セイタロウデザイン独自の『BRAND AUDIT』 プログラム開始時の調査・分析フェーズにおいて、経営層・組織内のヒアリング、顧客・取引先インタビューだけでなく、セイタロウデザインが客観的な視点で御社ブランドについて独自の調査を行い、現状のブランドの課題を明確化します。(『ブランドオーディット』)
この調査で浮き彫りになった課題は、プログラムを実施することで、すべて再構築できるフローになっています。また、ブランド構築の1年後に、同じ内容の『ブランドオーディット』を行うことで、ブランディングの効果の可視化と課題を把握することができます。

N゚02. IMAGE BOAD イメージボード

言葉にならないブランドイメージの抽出プログラム
『IMAGE BOAD』
ブランドを構築する上では、企業・商品・サービスが元々持っている、本質的な価値を抽出することが非常に重要です。しかし、ブランディングの過程において、今までかたちがなかったものを抽出する作業に苦労することが多いのも現状です。セイタロウデザインは、今までの経験とノウハウを生かして、企業・商品・サービスの本質的な価値を抽出するために『イメージボード』というプログラムを開発。五感を使ったワークショップを通して、ブランドのまとう気配を抽出し、ブランドイメージを設計します。

N゚03. CONCEPT VISUAL コンセプトビジュアル

誰もがブランドを理解できる
『CONCEPT VISUAL』の作成
プロブランドを構築するためには「言語化」と「可視化」の双方が重要です。「言語化」においては『コンセプト』『社名・ブランド名』『ブランドスローガン』などの設計、「可視化」においては『VI(ロゴ)』などの設計がありますが、セイタロウデザイン独自の特徴として『コンセプトビジュアル』の設計があります。これは、1枚のイメージビジュアルでブランドの世界観を表現するものです。このビジュアルを通して、ブランディングに関わる全てのスタッフが、ブランドが目指す方向性を共有することができます。グラム開始時の調査・分析フェーズにおいて、経営層・組織内のヒアリング、顧客・取引先インタビューだけでなく、セイタロウデザインが客観的な視点で御社ブランドについて独自の調査を行い、現状のブランドの課題を明確化します。(『ブランドオーディット』)

N゚04. ORIGINAL TYPEFACE オリジナルタイプフェイスの設計

ブランドイメージの構築において、ターゲットに多くのメッセージを届ける際の伝達手段である「タイポグラフィ=フォントの選定」は非常に重要な要素です。
セイタロウデザインは、ブランドを構築するために必要な「言語化」と「可視化」の双方において強固なブランドツールとなる、御社独自のオリジナルフォントの開発をすることができます。
フォント自体が企業哲学や商品の特性を表し、ブランディングの一環としてさまざまな効果が期待できるオリジナルフォントを開発、インストールすることで、ロゴだけでなく、名刺や封筒などのVIツール、コーポレートサイト、カタログ、社内文書に至るまで企業活動における全てのフォントを通して、一貫したブランドイメージを発信することができます。

N゚05. BRAND FOUNDATION ブランドファウンデーション

ブランディングプログラムを追体験できる
BRAND FOUNDATION
セイタロウデザインのブランディングプログラムでは、実施後に御社だけの「ブランドファンデーション」が完成します。ブランドファンデーションには、プログラムを通して設計されたすべての項目が網羅され、この「ブランドファンデーション」を見るだけで、誰もが御社のブランドを理解することができます。

N゚06. COMMUNICATION / PROMOTION 統合型プロモーションへの連携

ブランド構築後の統合コミュニケーション・プロモーション戦略 私たちは、ブランディングにおいて重要なことは、企業の本質的な価値の言語化と可視化を通して確固たるブランドを構築すること、そして、構築したブランドをきちんと管理・運用し、そのブランドを長期的に浸透させていくことだと考えています。せっかく明確なブランドイメージを構築しても、その後のコミュニケーション・プロモーションにおいて、ブランドイメージを損なったり、無視するような施策をすれば、一瞬でブランドイメージは崩れてしまいます。ブランディングをすべてのチャネルで一貫するために、ブランド構築後の統合コミュニケーション・プロモーション戦略もお手伝いできることが私たちの強みです。

POINT
NO.1
デザイン経営視点を軸とした、デザイン会社だからできる、
左脳と右脳を駆使したブランドコンサルティング。
NO.2
多様なデザインチャネルを持った、
目的に合わせた最適なデザインソリューションの提供。
NO.3
グローバルネットワークを持ち、国内だけでなく、
海外に向けたブランディングプロジェクトを展開できること。

オンラインサービスのブランディングや、初めてブランディングプロジェクトを実施する方むけにも、3つのプランをご用意しています。詳細資料のダウンロードなど、詳しくはお問い合わせください。

BRANDING PROGRAM

対面でのコンサルティングによる
ブランド構築プログラム

BRANDING PROGRAM
ONLINE

オンラインでのコンサルティング
によるブランド構築プログラム

BRANDING PROGRAM
ONLINE LIGHT

オンラインでのトレーニングシート
+レビューによるお客様自信による
ブランド構築サポートプログラム