街のランドマークになることを目指し、
街に開かれたカフェ併設の金沢のホテルデザイン。

IT AIMS TO BECOME A LANDMARK IN THE CITY.
HOTEL DESIGN IN KANAZAWA
WITH A CAFÉ OPEN TO THE CITY.

the square hotel金沢 | ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ

PRODUCE

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社は、ロワジールホテルやチサンホテル等、全国で特徴の異なる複数のホテルブランドを運営しています。私たちは、2015年6月よりソラーレ ホテルズ アンド リゾーツのホテルブランディングをお手伝いするにあたり、新ホテルの企画・コンセプト開発から、ホテルの内装・設計、料飲のメニューも含めたサービスの企画・開発、ロゴ・ユニフォーム・アメニティ・WEBサイト・広告等の制作物の企画・アートディレクションやデザインを全面的にお手伝いしました。

2018年にオープンした「the square hotel」の開発テーマは、「City stay , Deep experience」。ショートステイが基本である都市観光でも、街の魅力を味わいつくし、旅をしている満足感や充実感をお客様に感じていただくためには何が必要かを考え、空間意匠やサービス設計へと落とし込みました。

銀座と金沢に2店舗を構える「the square hotel」ブランドでは、同一のホテルブランドとして意匠デザインなどに共通性を持たせながらも、それぞれの土地にあったマテリアルを取り入れることで、街の空気感をホテルの中へと引き込み、24時間、旅のテンションを途切れさせないホテルとなっています。都市型ホテルとして洗練された空間でありながら、その土地ならではの雰囲気をホテルの中でも感じられること。このテーマを実現するために、「the square hotel」では、“木”“タイル”“鋳物”“コンクリート”という4つのブランド共通マテリアルに、銀座であれば“煉瓦”、金沢であれば“金箔”といったように、それぞれの土地を象徴する1つのマテリアを組み合わせて空間をデザインしています。

金沢の百万石通りの銀行跡地に位置する「the square hotel KANAZAWA」では、ホテルという機能の中に観光客と地域住民という異なる目的を持った人の同線を交錯させながら混じりあう、開かれた空間を作りました。200室を超えるホテルの1階は一つの大空間で間仕切りのない計画とし、上部の垂れ壁を曲線でつなぎ空間の一体感を持たせました。

また、ホテルとカフェという二つの空間性と、それぞれの利用者の導線、そしてそれに伴う機能を有機的に交錯させることで、観光という、ある種土地の日常から断絶された時間を街の日常の中に溶け込ませるよう内装材や什器も利用者に配慮した空間設計となっています。開かれたテーブル席や、ソファ席、スクエアな形状の什器によって開かれながらも閉じられたセミクローズ空間を含め、多様な空間利用を内包し、多分に木質化された空間は、金沢のアートや独自の色彩およびマテリアルを用いながら、街の中に溶け込みながらも、旅の一環であることを忘れさせないよう配慮し、計画されています。

[the square hotel ブランドサイト]
https://www.the-squarehotel.com/

the square hotel金沢 | ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ INTTEROR DESIGN

  • INTERIOR DESIGN
  • CONCEPT MAKING
  • ART DIRECTION
  • SIGN DESIGN
  • CREATIVE DIRECTION

Creative Director + Art Director: Seitaro Yamazaki/ Producer: Asuka Kobayashi/ Copy Writer: Tsuyoshi Harada/ Designer: Seita Kobayashi/ Interior Design: Satoshi Miyakawa/