音楽を可視化するためのインスタレーション

An installation to visualize music.

『余白のための楽譜』#01 STEVE REICH / COUNTERPOINT

SERVICE BRANDING

『余白のための楽譜』 

音楽は旋律を持つ。

その旋律を作る音の粒と粒の間には、無限に広がる音の深淵がある。粒と粒の間に存在する、五線譜にすくいとられることがない音の世界。

その粒の合間にある無限の音の世界を、デジタルプログラムによって動的に可視化する。

流体のようなマーブリングは、メトロノームのように一点の速度をもちながら、その図版はスケールを変え、色彩を変化させ続けていく。

黒い画面に浮かび上がる不可思議な紋様は、特定のプログラムを通してすくいとられた、可視化された音楽の部分である。

どんな音楽にもどんな音の繰り返しの中にも、同じ形状は存在しない。

これは、固有の音の欠片であり、音になれなかった音たちの世界である。

山﨑晴太郎

『余白のための楽譜』#01
スティーブライヒ / COUNTER POINT
VIDEO INSTALLATION

  • ART
  • VIDEO INSTALLATION