loading

山裾

ARTWORK

Outline

山﨑が師事する、水墨画家・土屋秋恆が率いる南北水墨画会墨閃会の展示用に、大型作品を制作しました。

古典表現ではなく、曖昧な抽象表現として、広がりのある山裾の街を自然と共に寄り添う情景として描いています。
幾種類もの紐と紙を用いて制作し、地は和紙ではなく、撥水性のある洋紙を使うことで、紙の紙面の滑りを利用しながら、抽象的に表現しています。

Credit & Charge

OPEN

Detail

山﨑晴太郎

_

seitaro yamazaki