loading

TAKACHIHO SHUZO CO.,LTD.

ボトル「高千穂 零」

CONCEPT / LOGO DESIGN / PRODUCT DESIGN

Outline

高千穂酒造株式会社は、宮崎県高千穂町に本社を構え、豊かな自然の恩恵を受けながら、本格焼酎を作り続けてきました。そして、黒麹・全麹仕込み・常圧蒸留、長期熟成によって、麦焼酎本来の香りと味わいを余すことなく引き出した“麦焼酎を超える麦焼酎”『高千穂 零(たかちほ れい)』を開発・発売(2013年11月1日)するにあたり、商品のトータルブランディング、ボトルのアートディレクション、デザインをお手伝いしました。

『高千穂 零』が生まれた宮崎県高千穂町は、国の名勝・天然記念物に指定されている高千穂峡に代表される、昔ながらの自然がそのまま残り、緑豊かな山々に囲まれ、清流のせせらぎが静かに響く場所です。そして、「日本書紀」や「古事記」にも登場する神話の土地でもあります。

そんな日本の原点といわれる神話の里・高千穂からおくる、 新しい麦焼酎の原点とも言うべき『高千穂 零』のパッケージをデザインするにあたり、「黒いボトル」×「黒いラベル」×「黒いロゴ」というオールブラックのデザインを採用し、暗闇の奥で本来は何も見えないはずの空間に鎮座する神秘的な存在感を表現しました。

遠目で見れば黒のボリュームが存在し、近づき、触れることによって徐々にその黒の奥に吸い込まれていくような空気をデザインするため、マットな黒い質感のボトルに、墨色の和紙の味わいのあるラベルを貼り、その中心に「高千穂」の文字を透明箔により奥ゆかしく配置しました。

佇む空間の光によって商品名が浮き出たり、また消えたりと、様々に表情を変える、趣のあるボトルになっています。

Credit & Charge

OPEN

Detail

山﨑晴太郎

_

seitaro yamazaki