loading

Audio-Technica Corporation

「Sound Reality series」

ADVERTISEMENT / MOVIE

Outline

「always listening」をコンセプトに、多様な音響機器を提供している株式会社オーディオテクニカが、2016年11月に最新ヘッドホンシリーズ【Sound Reality series]を発売するにあたり、4種類のラインナップの広告ビジュアルとブランドムービーの企画・撮影・デザイン制作をお手伝いしました。

これまでのワイヤレスヘッドホンの常識を打ち破る「ATH-DSR9BT」をはじめとして、ワイヤレス・ワイヤード共にかつてないサウンドを実現したヘッドホンシリーズの進化を表現するために、シリーズ共通のビジュアルアイデンティティとして“図形譜”を採用しました。

“図形譜”とは、五線譜ではなく、自由な図形で描かれた楽譜のことを指します。五線譜で表現しきれない音楽を創造する手段、あるいは既成の概念を打ち壊す作業の一環として、現代作曲家たちを中心に“図形譜”を通した試みが行われています。それは、楽譜・音符という、オーソドックスな既存音楽の構造からの脱構築を目指し、直感に忠実に、思いをダイレクトに描こうとする試みでもあります。楽譜に現れない音の豊かさやニュアンス、エモーショナルなゆらぎ、きらめきや輝きのようなものを伝え、それを直感的に感じながら自由に演奏すること。“図形譜”とは、音楽のあり方を進化させ、ひとつ上のものに昇華させようとする試みであり、脈々と続く音楽史の史実を肯定しつつ、そこに楔を打ち込む革新的な行為と捉えることができます。

今回、この“図形譜”の概念をキービジュアルやムービーに落とし込み、革新的な製品の魅力を訴求しました。

Credit & Charge

OPEN

Detail

山﨑晴太郎

_

seitaro yamazaki